日本の有名なエレベータ会社とは


日本の有名なエレベータ会社には三菱、東芝、フジテック、エステムなどの会社があります。

事業内容はエレベーターやエスカレーターの製造開発、販売、保守、メンテナンス、改修、リニューアルなどを実施します。

定期的に点検が義務付けられているため、リニューアルを専門にしている会社もあります。

エレベータが故障してリニューアルするならここ

エレベータには荷物用や乗用、寝台用など種類もあり、ソフトな作動、確実な着床、防音装置による静かな動きなど細やかな性能が評価されます。

ランキングでは三菱、日立、東芝、オーチス、フジテックという順番になります。

世界シェアではオーチス、シンドラーの順になります。

日本国内では50万台以上のエレベーターが稼働しています。

高層ビルのエレベーターで言うと横浜のランドマークタワーは三菱、東京スカイツリーは東芝です。